外国人技能実習生 送り出しまでの流れ

  • 日本の受入機関との連携により必要な業種の候補生をインド国内で受付

  • 選ばれた候補生たちが、日本語教育と日本文化の教育をAKALアカデミーが定めたカリキュラムにて受ける

  • カリキュラムの終了が見込まれる候補生の受入機関および受入企業への紹介を開始する。

  • 日本での受入企業が決定した候補生は日本への入国のために健康診断などを受ける。

  • 日本への入国のための諸手続きが開始され、日本の受入機関への引き継ぎが行われる。

  • 日本へ外国人技能実習制度を利用して入国する。

  • 日本で受入機関の指導のもと、所定の期間(1-2ヶ月)で国内研修を行う。

  • 受入企業へそれぞれの外国人技能実習生が送り出される。1年間は技能研修の場として、2年目以降は実習として実習任務につきます。3年または5年でその任務を完了して本国へ帰国します。

  • 技能実習制度の終了後、実習生は本国へ帰国し、学んだスキルをもとに活躍していきます。また、現在の日本政府の外国人雇用の法律の中で、それ以降も実習生が日本で引き続き就業を続けることを許可するという法案も審議されています。(2018年現在)