よくある 質問

日本政府による外国人雇用の制度の一つです。制度提携国から選ばれた技能実習生を日本の企業で働く機会を与える制度です。外国人の技能実習生は3年または5年の日本での実務経験によりその技術を学ぶことになります。日本企業は実習生への日本での雇用を提供することで、人材不足を補うことも可能です。詳しくは公益財団法人 国際研修協力機構(略称:JITCOジツコ)<https://www.jitco.or.jp>をご確認ください。
  • インドからの外国人技能実習生の受け入れは2018年から開始されました。
  • 18-28歳の若者が日本語を学びながら、当制度を利用して日本の企業で働き始めています。
  • インドは13億人の人口を抱え、近い将来に最も経済発展する国として注目されています。
  • 貴社にもそのインドへの架け橋となるような優秀なインド人の人材の採用を是非、ご検討ください。
日本人のスタッフが日本語で対応します。どうぞお気軽にお問合せください。当アカデミーを運営する母体はインド屈指のIT企業で、高度なITエンジニアの日本企業への人材の紹介、インターン、インド国内におけるIT研修、IT留学なども行なっております。
当アカデミーを運営する母体はインド屈指のIT企業で、高度なITエンジニアの日本企業への人材の紹介、インターン、インド国内におけるIT研修、IT留学なども行なっております。また、新設の外国人雇用枠への充足の人材への対応もはじめております
当アカデミーでは応募者に入学前の厳しい審査基準を設けております。また日本文化への順応するための心得習得もカリキュラムに盛り込み徹底しております。聰明で従順でありながら、情熱のあるインド人技能実習生候補をご紹介できると自負しております。
日本におけるインド文化への情報は極端なものを取り上げたものが多く見受けられます。

当アカデミーで紹介しているインド人の実習生の特徴は以下のものが挙げられます。

まず、真っ先に挙げられるものは

・英語が話せる、読める

・複雑な説明も比較的すぐに理解する能力が高い

・技術的にも哲学的にもかなりな高度、複雑なものも理解する

・手先が器用な場合が多い

・単純作業でも比較的忍耐力を持って作業する

・目が良い・新しいもの、はじめて見るものに興味を持ってのぞむ

などです。

1年目の実習では、インド人の実習生の就業内容の習得スピードが期待できるものと思います

また、特筆すべきは、インド経済の未来が非常に明るいということです。実習生が帰国する5年後にはインドは日本に勝る経済大国になっていることは、ほぼ確実視されています。そんなインドとの架け橋になる実習生とともに、貴社の未来の選択も広がるものと考えられます。

日本人スタッフが応対させていただきます。お気軽にお問い合わせください。
ありません。日本国内においては提携先の受け入れ機関がお客様の窓口となります。詳しくは、お問い合わせください。

インドのデリー事務所は、首都デリーの中心に位置するメトロ・イエローライン・グリーンパーク駅から徒歩1分の便利な場所にございます。面接、見学など、お気軽にお問い合わせください。

当社の母体であるIT会社は、インド中央政府、インド州政府、インドの主要な民間企業に対し、IT人材を18年以上ものあいだ提供し続けている経験豊かなHRソリューション企業です。現在は、日本企業向けのITエンジニアを貴社の求める日本語レベルにまで養成した上で送り出すプログラムを持っています。また、IT分野での提携を通し、ITインターンシッププログラム、英語留学なども用意しておりますので、弊社を貴社のグローバル化、インド進出などにお役立ていただくよう、お気軽にお問い合わせください。